簡単!だしがしっかり染みた激ウマ鶏ハム♪

暑い時は、台所に長く立つのも嫌ですよね!そんな時、

鶏むね肉に下味さえつけていれば、短時間で簡単に美味しい鶏ハムが作れるんです(*’▽’)

それに、鶏のむね肉は安価な上に高タンパクで低脂肪!

さらに、鶏むね肉には、イミダペプチドという疲労回復効果が期待出来る成分が入っていて、疲れが溜りがちな夏にピッタリの食材!

パサつきがちな鶏むね肉もハムにすると、しっとりとジューシーに!!

そのまま、おつまみとして、又サンドウィッチや、冷麺などのトッピングにとバリエーションも豊富なヘルシーハム!

私のお気に入りの茅乃舎だしと砂糖、塩で下味をつけ、茹でるだけの簡単鶏ハムのレシピです♪

材料(2~3人分)

鶏むね肉 300g

茅乃舎だし 1袋(8g)

砂糖 大さじ1

塩 大さじ1

作り方

①ボウルに茅乃舎だし(又は和風だし)、砂糖、塩を入れよく混ぜ合わせる。

②皮を取った鶏肉に①をまぶしつけ、冷蔵庫で一晩置く。

➂②をさっと水で洗う。

④鍋に水を入れて火にかけ、沸騰する前に③を入れる。

⑤沸騰したら、中火にして、1分30秒ほど茹でて火を止め、冷めるまで蓋をする。しっかり冷めたら出来上がり(^^)v

ポイント・ひと口メモ

*鶏むね肉の皮はきれいに取り除く!

*下味をつけた鶏肉はきれいに洗いすぎないように!

*水が沸騰してから肉を入れると、固くなるので沸騰する前に入れ、沸騰したら中火にする!

茅乃舎だしとは福岡県にある創業明治二十六年の久原本家が販売しているだしです♪

化学調味料、保存料などは使わず、焼きあご、鰹節、うるめいわし、真昆布、海塩など国産の原料を使った体に優しいだしで、私のお気に入りです♪

鶏むね肉は脂肪の多い皮を取り除くと、牛や豚肉のヒレ肉なみの低脂肪高栄養のヘルシーミート!

鶏肉のタンパク質は、毎日の食事で取らなければならない必須アミノ酸のバランスがよい上、消化吸収率がなんと95%(*_*)

お年寄りや子供、胃腸の弱った人にも好適なのに加え、豊富に含まれるメチオニンという成分が肝機能強化に有効!

鶏肉にはビタミンAやB群をはじめ各種ビタミンが豊富で、なかでも、むね肉にはビタミンBの一種、ナイアシンが多く含まれている。

皮膚や粘膜の健康、眼精疲労に良いビタミンA

代謝を進めて細胞を元気にするビタミンB群

疲労回復や粘膜・消化器系の保護に良いナイアシン

疲労回復効果が期待できるイミダペプチドの一日の摂取量は200mg!なんと鶏むね肉100gで摂取できるらしいです(*’▽’)

いい事だらけの鶏むね肉食べないと損ですよね♪

鶏ハムそのまま食べても美味しいですけど、ゴマドレッシングやバジルソースをかけて食べてもグッドです(^^)v

●ゴマドレッシングの作り方

⇒ 簡単!美味しい手作りごまドレッシングの作り方レシピ♪お得にゴマダレを楽しむ方法!

●バジルソースの作り方

⇒ 簡単・激ウマ!バジルソースの作り方 パスタ、サラダ、魚&肉料理、何でも使える万能ソース!